仕事を探す基準

| コメント(0)

再就職するのだから条件の良いところを探したい
誰もがそう考えるでしょう、かと言って
理想や条件を高く持ちすぎてしまい、就職できないのであれば何もなりません。
収入、やりたい仕事、働く場所、働く環境など望めばキリがありません。
失業率が高くなっている現在の状況でも
インターネットやハローワークには求人はあります
仕事が「ない」のではなく「自分の望む条件にあった仕事がない」ということになります。

しかし仕事をしていく上で、やりがいや熱意を感じられる仕事を選ぶことは重要になります。
自分がこれだけは譲れないと思う条件は何なのか自己分析してみましょう。
また、つきたい仕事やその為にやらなければならない事は何かを良く考えた上で
就職先を探す条件を絞り込む必要があります。

自己分析の方法の一つとしては、
今までの職歴を紙に書き出していく、
書き出した職歴の中で自分が身に付けた事を書き込んでいきます。
更にその時目指していたことや自分に足りていなかった事、目標などを書き込みます。
これで自分がどんな仕事をしてどんなスキルを蓄えて来たのかがはっきりします。
後は改めてこの先どんな仕事につきたいのか
その為に必要な知識や技術は何かを考えてみましょう。
紙に書き出す事で自分が何を望んで、何が足りていないか
客観的に自己分析をする事が出来ます。
出来上がった職歴に将来望む事を書きくわえていけば、
就職や将来へ向けた計画表を作る事が出来ます。

コメントする