辞表で変わる失業保険

リストラやパワハラなどで退職に追い込まれてしまった場合
上司に辞表の提出を強要されても書いてはいけません。


『自分の都合で退職した』場合と『会社の都合で退職した』場合では
失業保険で受け取れる金額が違います。

~自己都合退社の場合~
他にやりたい仕事がある、もっと給料の良い会社に勤めようなど
自分の都合で辞めるという意思を会社に示すために辞表を書きます。

~会社都合退社の場合~
「この会社には向いてない」
「業績悪化のため、従業員を減らさなくてはならない」など
強要されて会社を辞めざるおえない状況に追い込まれて退社をする場合は
自分の意思とは全く関係ない理由で退社する事になります。
「退職」=「辞表」と思い込んでいる人は多いかもしれませんが
自分の意思でない以上辞表を書く必要はありません。


通常、会社から解雇を命じられるまでは会社に行かなくてはならないものです。
それまでに退職をしてしまう事は、自分の意思で退職した事になります。
解雇されるまで、出勤や有給などの会社員としての義務や権利が発生しています
有給を消化せずに退社すれば有給の権利は消滅してしまいます
有給を拒否する権利は会社にはありませんので消化しておきましょう。

会社としては解雇した事で、後々解雇無効などで訴えられるなどの
トラブルを防ぐためも辞表を求めますが
退職金や助成金の面でも会社にとって都合が良いため辞表を求めます。

助成金は、企業などが一定条件をクリアすれば国からもらえるもので
営業以外の収入とされますので課税対象にならないお金です。
さらに助成の使い道に決まった原則は無く、福利厚生はもちろん
事業資金や借金返済などに使う事が出来ます。
この助成金は強制加入によって企業の支払っている雇用保険料の一部が財源になっており
自己都合退社が多いと会社は雇用調整助成金をもらいにくくなってしまいます。
こういった事から会社としては辞表の提出を求めてきます。


退社後、ハローワークで手続きをすれば失業保険を受け取る事が出来ますが
退職理由によって受け取れる金額が変わってきます。
自己都合で退社した場合は被保険者であった期間に応じて支給される期間が変わります。
倒産や解雇など会社都合退社の場合は失業保険が支給される期間が
自己都合退社よりも長く、
年齢層ごとによって変わります
年齢層が高いほど優遇される率も高くなります。


「辞表」=自分の意思で退社する事の証明になります。
会社から辞表の提出を求められても
自分の意思で退社するのでないかぎり辞表を書いてはいけません。